ぎりぎりセーフかも

5月の割に季節外れに近い暑さで、身も心も目玉焼きになりそうな気分でした。
先週初めに思い切って掛け布団を春物に交換して良かった。
ぎりぎりセーフ! かも

ところで、交換した掛け布団は全部で3枚。
うち1枚は軽くて暖かい羽毛布団。残り2枚は重くて暖かい綿布団。
世間では羽毛布団が主流とは思いますが、我が家では綿布団が過半数となっています。

その理由は、乾燥肌と軽いアトピー肌にあり、
今まで試した布団の中では綿が一番自分の肌に合っているようだったからです。

正直に、寝ている時は重い。
結構、重い。

でも、地球の重力も毎晩慣れ親しんでくると微妙に心地良くなってくるものです。
今となっては重い綿布団も大切な我が家の癒しアイテムとなっています。

我が家に追加のリブカラーショーツがやってきた!

今日は例年よりも寒い春の朝を迎えて、石油ファンヒーターを片付けるのがちと早すぎたか?
と後悔をする一日の始まりでした。

風もつよくヒノキ花粉が飛びまくっているとなれば、
もはや外出は自滅行為になるのかもしれません。

ひんやりした屋内では衣替えのタイミングが分からずに、
今年もまた汗をかきながら衣類の整理を行う羽目になるのだろうと容易に想像がつきます。

そして、乾燥した空気の中でずいぶんと痛んだ素肌をみると
今年こそは早めに下着の買い替えを行うべきだと、冷静な今なら考えがつきます。

ところで、肌にゴムの跡が付かず、
さらに締め付けがないのにきちんと履ける夢のようなショーツがあれば。。。

そんな夢のような下着が今回のリブカラーショーツなんです。

リブ編みによる素材の伸縮を活かした綿100%のショーツなのでお尻をふわっと包み込んでズレ落ちない。

そんな幸せになれそうなショーツが今回のリブカラーショーツなんですよ。

素材:綿(オーガニックコットン)100%
生産:日本(大阪府)
サイズ:M~L ヒップ約87-100cm
カラー:ピンク(ベンガラ染め)、グレー(洛陽染め)
価格:¥1,500(税抜)

我が家のあたらしい秘密アイテム

などと言う大げさなものではありませんが
毎夜寝るときに寒くて寒くて布団の中で丸くなって寝ていたのですが、
これが朝まで続き、そして毎晩続くとさすがに身体に良くありません。

そんな状況から清水の舞台から飛び降りそうな気持で
新しく「布団乾燥機」を購入しました。

とは言っても、福沢諭吉さんで半分お釣りがくる程度なので結構リーズナブルです。

ほぼ一年前に、お馴染みのスーパーでプライベートブランドの敷き毛布を購入
して寒さを凌いでいましたが、それとは異次元の暖かさです。

今となっては、何故もっと早くに買わなかったのか!って思うほど大活躍です。

さらに「布団乾燥機」にはダニ退治の効果も期待出来るそうで
今となっては寝るのが楽しくなるほど暖かい気持ちで休む事ができます。

これぞ正しく「文明の利器」なのですね。

京都も寒い

積雪のあったあの日から数日後、所用で京都市内へ出向きました。
京都市内は盆地ということもあって雪が積もることがあまりないと
聞いていますから、既に歩道も車道も乾いて普通の状態に戻って
いましたが、それでも冷え込みはきついですね。

お昼時には念願の「いきなりステーキ」へ初デビューして牛肉を堪能。
もはや夜ご飯は要らん!というくらいお腹が膨れました。

それと、寒さしのぎにアームウォーマーをしてみましたが、
あまりの気温の低さに指先が冷たくて、
これはちゃんとした手袋が正解の日でした。

もう少し気温が上がれば丁度良い暖かアイテムになりますね。

帰り際、先日の寒波による積雪が何事もなかったように
ビルの合間から可愛らしい京都タワーが見えていたので記念に一枚。

京都でも雪

昨晩から全国的に今シーズン最強の寒波がやって来る
とニュースで大騒ぎしていましたが、どうせ視聴率稼ぎのアレだろう?
って高を括っていました。

そして朝、あまりの寒さに目が覚めると辺り一面の雪景色。
自宅前の道路は既に数台の車が轍を作っていたので、
残念ながら純白の雪景色にはお目にかかれませんでしたが、
久しぶりに見る白銀の世界は自然の美しさを堪能するには十分な量でした。

今回の雪はお隣の京都でも積雪があったようです。
通年はどれほど寒くても雪は積もらない京都駅なのですが、
今回ばかりは天の恵みなのかほどほどに積もったようです。

昨シーズンは
寒さしのぎに馴染みのスーパーでプライベートブランドの敷き毛布を購入
しましたが、歳を重ねた今年は足りません。

そんな訳で念願の「布団乾燥機」を購入して快適に過ごしている2017年1月でした。

年末の大掃除です

この何年か、ニュースの多さが特に目立つようになった高齢者の運転事故。
日本の車社会も人口に比例して高齢化するのは当然の事として、
いずれは免許を返納して車から降りる覚悟を決めないといけないようですね。

ただ今の状況では無理な気もします。
大きな都市のように交通網が整備されて日常の移動にも困らない世の中にならないと
毎日の生活への負担が大きすぎるからです。

自分自身にはまだ先の事と思えるものの、いずれ来るその時のために
キチンと行政が考えておいてほしいものです。

ところで自動車事故が多発するこのご時世で、せめてもの保険代わりにと
自分の車にはドライブレコーダーを搭載しています

何かあった時のために、何かの足しになればと。
時には隕石の飛来を撮影したら大変貴重な資料になるかも、とか。
いずれにしても物騒な時のための物に変わりないようです。

今日は朝から家の掃除をしていましたが、さすがに寒い!
部屋の中なのに息が白い状態で足元は冷たくて悲鳴をあげていました。
なので少し厚めのオーガニック!とお気に入りの靴下を引っ張り出して頑張ったのです。

あと、窓の結露も激しくなってきました。
この水分をお肌に生かせないのか?って考えてしまうのですが
日本の優秀なメーカーさんがいつの日か考えてくれるでしょう。

久しぶりの明るい廃墟

ほぼ2年前にリニューアルオープンした「ピエリ守山」へ行ってきました。

以前は「明るい廃墟」と呼ばれ、綺麗な建物なのにテナントがほとんど 入っていない
単なる”廃館寸前の建築物”でしたが、リニューアルした後では様々な大型店舗や
可愛いショップが立ち並ぶ魅力的なショッピングモールへと変身を遂げていました。

そして昨日、久しぶりにブラっと尋ねてみました。
まず目についたのは、モールのど真ん中あたりに”ドン”と構えていた「old navy」が無くなっていたこと。

「old navy」がすべての店舗について日本撤退すると、その事は事前に知っていましたが
「ピエリ守山」の中では人気店舗の一つだっただけに目立つような寂しさを感じてしまいました。

たぶんこの先、新しい店舗が入ってまた元気を取り戻してくれると思いますけど、
是非とも頑張ってほしいなぁ。

向かいの比良山系が雪景色になっていたので、ピエリの駐車場から一枚撮影しておきました。
以前に同じような写真を撮ったような気もします。

ちょっと後ろめたいかも

仕事柄、納品書作成にプリンターは必需品です。
これまでネームバリューの影響により購入するプリンターは
C社のものが殆んどでした。

でもいろんなところでコメントが上がっているように
ビックリするほど早くインクが無くなります。

そのインクを節約して丁寧に使用していても
いずれプリンター本体の廃インク吸収パッドが一杯になり
本体の再購入を検討せざるを得なくなる。

という事から、今年初めに思い切ってB社のプリンターへ
買い替えを行いました。

その結果、使用頻度に対する商品のスペックは
ほぼ申し分なく現在まで来ています。

しかし、ちょっとスケベ根性が目を出し始めて
とうとうリサイクルインクを使用するようになりました。

せっかくコスパの優秀な製品を作ってくれている
メーカーさんには
ちょっと後ろめたいかもしれません。

12月でも、まだ紅葉がある

案外近いところに住みながら
下鴨神社へ行くのが生まれて初めての出来事とは。。。

紅葉が未だに残っているとは驚きました!
京都といえば、暑くて寒いところ
という印象が強いですが、今年はすこし暖かったという事でしょうか。

下鴨神社の敷地の中は美しく整えられていて
自然の美しさを一年中味わえそうな感じでした。
平日という事もあり人影はまばらで「これが京都?」
というくらい静かに過ごすことができました。

ところで何故「下鴨神社」なのか
と言いますと

新商品の撮影に自然の景色を取り入れるための
いわゆる、ちょっとしたロケですね。

個人レベルなので大したことはないのですが
結局、その場の景色は商品画像には使わずに
自宅近くの公園で済ませました。

その商品がこれです。

その日は比較的 暖かい日だったので
袖をまくりあげて撮影に挑んだのですが
案外、袖のまま上からアームウォーマーを通したほうが
雰囲気も伝わりやすかったかもしれません。

一応、素肌に付けた感覚では
サラッとした肌触りで違和感はありません。
結構使いやすい冬物アイテムになると思いますよ。

ケーブル編み アームウォーマー ウールとコットンで暖かい

本当の寒さはこれから

11月には天気予報で「真冬並みの寒さ」という表現に
ん~、ちょっと違う?
今でも寒いよ? と感じていたものですが

やはり12月は違います。
本当に寒い!

我が家には冬場になると大活躍する「石油ファンヒーター」
が2台あるのですが、これまでは静かに働いていました。

しかし12月も半ばを迎えると”ゴオー”という
まるでゴジラの遠吠えのような音を立てて
必死になって暖かい空気を履き続けています。

おそらく、今シーズンの冬は寒いのでしょう。
何故なら、大の苦手としている「カメムシ」が出現し始めているからです。
「カメムシ」の多い年は雪がたくさん降ると言われています。

前シーズンは冬用タイヤを交換せずに冬将軍を迎えたために
様々な弊害を受けました。そして後悔もしました。

なので今シーズンは必ずや早めのタイヤ交換をと考えています。
面倒くさいけど安全第一として早期実現をしましょう!

寒い季節には足元から温めよう。
冷えとり・重ね履き にそくぶん靴下 2足セット Mサイズ 22~24cm|絹と綿